【30代未経験】転職活動のはじめ方、転職エージェントの活用法

【30代未経験】転職活動のはじめ方、転職エージェントの活用法

こんにちはのぶです。

前回の記事では「【未経験可】ショップ店員辞めてWEB業界に転職しやすい3つの職種」について、32歳のアパレルショップ店員から未経験でWEB業界に転職した筆者の実体験をもとに…

  • 未経験でもWEB業界に転職できること
  • 未経験でも入りやすいWEB業界の職種3選

を紹介をさせていただきました。

転職を決意した人
転職を決意したショップ店員
自分には根っからのWEB専門の方にはない“コミュニケーションスキル”があるんだ!WEB業界もそんな人材を求めてる!
未経験でも入れそうな気がしてきたっ…よし、転職活動だ!
でも…何から始めればいいんだろ…

ブラック企業のアパレル店員から未経験でWEB業界へ転職。
1年7カ月後大手のWEB担当としてキャリアアップを果たした筆者が実体験から実際どのように転職活動をしていったのかを解説していきます。

 

本記事の内容

転職活動を始めよう

まずは転職サイトに登録しましょう。

転職サイト上で自分の経歴やスキル、希望職種や年収などを登録することでそれをもとに「転職エージェント」が自分に合いそうな求人を紹介やアドバイスなど転職活動のお手伝いをしてくれます。

転職サイトに登録してエージェントを活用

職務経歴書の添削や面接の日程調整、場合によっては担当者が一緒に面接に同席することもあります。

お仕事を真面目に頑張っている方であればあるほど転職経験が少なく他の会社を知らなかったりします。
まずは、”転職のプロ”に話を聞くことで視野を広げましょう。

転職エージェントを上手に活用することがスムーズな転職活動のカギです!

では、たくさんの転職サイトがある中でどこに登録するのがいいのかを解説していきます。

 

転職サイトに登録 - どこがいいの? -

先に結論言います。

正直”どこでもいい”です。

「未経験での転職」なら特別な専門性の問われる求人や高額な年収が多い非公開求人への採用は望みが薄いので、基本的にどの転職サイトを選んでも正直大差ありません。

さらさら求人を見て気になる求人が多いサイト、サイトデザインの見やすさや使い勝手の相性で選べばいいです。

人気の転職サイトを掲載します。ここから選べば間違いないでしょう。

doda(デューダ)

最大手エージェント! 非公開求人を含む求人数が圧倒的!
深田恭子さんのCM、デューダ子でもおなじみ。

利用年代:20代~50代
得意業種:IT、金融、メーカー、営業等

リクナビNEXT

誰もが知る大手リクルートが運営!
企業側から求人者への「オファー」制度が魅力。

利用年代:20代~40代
得意業種:IT、金融、メーカー、営業等

type転職エージェント

転職サイト_type転職エージェント1都3県の転職実績に定評のあるエージェント。年収交渉に強み!

利用年代:20代~30代向け
得意業種:営業、IT、エンジニアなど

 

 

マイナビエージェント

首都圏と関西圏に強み。知名度抜群!面接や履歴書の対策など手厚いサポートがウリ!

利用年代:20代~30代
得意業種:営業、IT、マーケティング


JAIC(ジェイック)

転職サイト_JAICフリーター、既卒、中退者等向け!20代に強い
優良企業を選定がウリで転職後の定着率が非常に高い。

利用年代:10~30代
得意業種:営業、メーカー、IT

 

 

パソナキャリア

転職サイト_パソナキャリア関東、関西、東海地域に強い。書類の書き方・面接のアドバイスなど手厚いサポートがウリ!

利用年代:20代~40代
得意業種:営業、IT、メーカー、医療

 

 

ポイント

あまり多く登録しても経歴の登録やエージェントとのやり取りに時間と労力を費やすことになります。私は3つで限界でした。
ここで悩んでも進まないので”サクッ”と選びましょう

 

転職エージェント活用法
- 転職活動の流れ -

1.エージェント登録

転職サイトに登録後、担当の転職エージェントから必要事項の登録や面談のスケジュール調整に関して電話がかかってくるはずです。

出来るだけ早めにWEB履歴書職務経歴書希望条件などサイト上で入力を済ませ次の電話面談の日程を決めましょう。(エージェントのオフィスに出向き面と向かって面談する場合もあります。)

履歴書の書き方に関してはこちらの記事で詳しく解説しいます。

履歴書の書き方【志望動機が決め手】
履歴書の書き方
【志望動機が決め手】

続きを見る

筆者の体験

32歳と34歳のときの私が登録したエージェントがこの3つです。

リクナビネNEXT

doda(デューダ)

マイナビエージェント

とにかく業種と求人数が多く、大手の安心感があるという安易な理由でした。
結果、成功してますので「未経験での転職」なら深く考えずに選んでなんら問題ないと考えています。

 

2.面談(対面or電話)でのカウンセリング

面談カウンセリングでは転職したい理由や以下のような転職の希望などを伝えます。

  • 業種・職種
  • 勤務地
  • 年収

ここでしっかりと抱えている不安や希望、疑問点などすべてぶつけた方がいいです。
転職を絶対に成功させるという強い熱意を伝えましょう。エージェントも仕事とはいえ人間です。

「この人は成功するな、頑張ってほしいな、少しでもいい求人を持ってこよう」と思わせれるかどうかでよりいい転職になるか変わってくるでしょう。
そこは持ち前のコミュニケーション能力を存分に発揮していただきたいですね。

 

筆者の体験

電話だと気持ちが伝わりにくいので、ハキハキしゃべることを意識しました。
ここはもう接客業やっててよかったと思いましたね。
あと、キャリアダウンの選択肢はなく少しでもキャリアアップしたいということにこだわりました。
なぜなら、エージェントはキャリアダウンの提案の方が転職させやすく報酬に繋がりやすいからです。

 

3.求人提案

カウンセリングの内容からエージェントがそれにマッチするであろう求人提案を送ってくれますので、メールやサイト上で確認して選考に進むかどうかジャッジしていきます。
自分で条件を絞り求人を探しながら。転職エージェントがおススメした求人と併せてチェックしていくという流れになります。
ここでエージェントから一度提案した求人が希望とマッチングしていたか確認の連絡が来るはずです。

求人を見てく中で目が肥え『やっぱりこうかな?ここは譲れないな』などこだわりが出始めると思います。
その意思をしっかり伝え、エージェントの提案をさらにアップデートしてもらい、次の提案を待ちながら求人を探して行きましょう。

 

筆者の体験

リクナビではこの時点であまりにも合わない提案が増えたので、提案企業ガンガン削除していたら担当が変わりました(笑)
こちらにもエージェントを選ぶ権利があります。相性が合わない場合は担当を替えてもらうのも問題ないです。

 

4.企業への応募と書類選考

選考に進みたい企業が決まったら、転職サイト上に登録した履歴書・職種経歴書を選考企業に合わせアップデートして応募します。

エージェントは職務経歴書の添削も行ってくれます。
添削してもらって修正完了した後、エージェント経由で書類選考を提出してもらえます。

あとは結果を待つだけです。
選考結果は企業によりますが、即日~1週間程度で行われエージェント経由で結果の連絡をもらいます。

ここで通過すればいよいよ面接に進むことになります。

 

筆者の体験

職務経歴書はこだわりました。業務内容だけでなく、取り組み姿勢(工夫)とそれに対しての実績(数値)を箇条書きで分かりやすく記載。
転職の動機はポジティブに。
今までの経験を活かしながら、さらに自己成長と貴社への貢献、最終的に社会貢献につながるという旨を記載しました。

 

5.面接選考・内定

面接の日程は企業が提示されたなるべく早めの日程でスケジュールを調整しましょう。
選考は早い者勝ちです。枠に限りもあるでしょう。

企業の面接担当も通常業務の中、スケジュール調整して選考に臨んでいます。
これにはかなりの負担がかかるので、すでにいい人が来てしまっていたらあとはよっぽど経歴が立派な人でない限り省エネ選考になりがちです。

販売員であれば平日休みが多いので、日程調整は比較的楽だと思います。スピード感持って動きましょう。

日程調整もエージェントが行ってくれますので、非常に楽です。日程が決まったらいよいよ面接です。
面接対策に関しては筆者はとことんこだわりました。長くなるので、これについては別で記事を用意していますので是非ご覧ください。

面接が終わったら、サイト上でアンケートに答え結果を待ちます。

企業によって即採用もあれば、二次、三次と続く場合があります。
二次、三次と続く場合、企業側がどのような感触をもっているのかエージェントがフィードバックしてくるのでよく聞いて対策を練りましょう。

 

晴れて内定がきまったら次のフェーズです。

 

筆者の体験

面接が一番大事です。
基本的な面接対策知識だけでなく、受ける業種や企業の勉強が大事です。
SNSやYouTubeを駆使して勉強しました。

 

6.入社日、年収交渉

入社日や年収の交渉に移ります。
ここについてもエージェントとともに交渉していくか、自分で行うかは企業やその時次第ですが、しっかり希望を伝えましょう。

特に年収に関しては未経験だからと言って年収を下げてはいけません
むしろ年収をアップの交渉もすべきです。
意外とすんなり希望が通るかもしれませんよ。

何事も最初が肝心ですので、気持ちよく入社を迎えられるようにしっかり交渉しましょう。

 

筆者の体験

未経験の転職だったので年収の交渉は気が引けてしまっていました。
現状維持といった選択をしてしまったので、もう少し高く交渉すればよかったと今では後悔しています

 

最後に

転職サイトに登録してから採用までの流れ転職エージェントの活用法の大体の流れはつかんでいただけたのではないでしょうか?

本記事では大まかな流れを紹介させていただきましたので、転職の肝である”面接対策”に関してはまた別の記事で解説しています。

面接対策に関してはこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

 

さぁ、WEB業界への転職成功して新たなステージで新たな自分を磨いていきましょう!

 

関連記事

【30代未経験転職】やってよかった!面接官に刺さりまくったテクニック7選

WORKS 転職・副業

2020/6/6

【30代未経験転職】面接官に刺さりまくったテクニック7選

面接決まった人 30代でも転職を決意して転職サイトに登録して何社か面接まで進めた!! でも面接なんて久々すぎてどうしていいんだろう。 筆者は32歳で1度、34歳で2度目の転職を成功させています。 筆者の経歴 当時32歳、アパレル店員(店長歴7年) 未経験でWEB業界に転職 1年7カ月後大企業のWEB担当として採用 このブログを自作して記事を書くまでに 2回目の転職活動に至っては大企業2社が好感を示していただき、1社は1次面接が終わった段階で「異例なんですが入社後ミスマッチもよくないので」と社内の風景をチラ ...

ReadMore

履歴書の書き方【志望動機が決め手】

WORKS 転職・副業

2020/6/12

履歴書の書き方
【志望動機が決め手】

転職したい人 転職サイトに登録したぞー!よしっ、履歴書書かなきゃ! だけどどう書くんだっけ…手書きしなきゃだめ? 筆者は32歳で1度、34歳で2度目の転職を成功させています。 筆者の経歴 当時32歳、アパレル店員(店長歴7年) 未経験でWEB業界に転職 1年7カ月後大企業のWEB担当として採用 このブログを自作して記事を書くまでに 今回はその実体験を元に履歴書の基本的な書き方と肝である志望動機の書き方を解説します。   本記事の内容 目次1 履歴書の書き方1.1 ・手書きじゃなきゃだめ?1.2 ...

ReadMore

【30代未経験】転職活動のはじめ方、転職エージェントの活用法

WORKS 転職・副業

2020/6/16

【30代未経験】転職活動のはじめ方、転職エージェントの活用法

こんにちはのぶです。 前回の記事では「【未経験可】ショップ店員辞めてWEB業界に転職しやすい3つの職種」について、32歳のアパレルショップ店員から未経験でWEB業界に転職した筆者の実体験をもとに… 未経験でもWEB業界に転職できること 未経験でも入りやすいWEB業界の職種3選 を紹介をさせていただきました。 転職を決意した人転職を決意したショップ店員 自分には根っからのWEB専門の方にはない“コミュニケーションスキル”があるんだ!WEB業界もそんな人材を求めてる! 未経験でも入れそうな気がしてきたっ…よし ...

ReadMore

【30代未経験】ショップ店員辞めてWEB業界に転職しやすい3つの職種

WORKS 転職・副業

2020/6/1

【30代未経験】ショップ店員辞めてWEB業界に転職しやすい3つの職種

悩めるショップ店員 コロナで仕事お休み…営業再開したけど以前みたいにお客さん来ないし給料も上がらない。転職したいな... 今伸びてて今後も安心なのはITとかWEB業界だよね…?! でもそんなスキルないし、未経験で転職なんてできるのかな…?   こんにちはのぶです。 緊急事態宣言などコロナ禍の影響で悩めるショップ店員さんが増えているのではないでしょうか? その中でも現代最も必要とされている”IT・WEB業界”に転職を夢見ている人も多いことと思います。   結論から言います。   ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NOBU

アパレル店員として物販を10年(店長7年)経験。その後、WEBリテラシーを磨くべく2年ECでWEBマーケティングを学ぶ。
現在は2018年から大手アパレル企業にてWEB担当に従事しています。

-WORKS, 転職・副業
-, , , , ,

© 2022 NOBUnoBLOG